SNKRSで買えない?botに負けない必勝法は何がある!?

SNKRSで買えない?botに負けない必勝法は何がある!?

「SNKRSで買えないんですが何か必勝法はないですか?」

最近のOFF-WHITE × NIKE AIR VAPORMAX FKのゲリラリストックやOFF-WHITE × NIKE AIR JORDAN 1 UNCのリリース
OFF-WHITE × NIKE AIR PRESTOのリリースを控え、そもそもSNKRSは買えるものなのか?どうすれば買えるんでしょうか?
ありがたいことに、そんな質問が僕の元にも届くようになってきた。

皆欲しいスニーカーがあっても、なかなか手に入れられず悔しい思いをしていることだろう。
そこで、今回はなぜ僕らは欲しいスニーカーを購入できないのか、その答えと、少しでも購入確率を上げる方法を紹介する。

そもそも欲しいスニーカーが買えない理由

そもそも、なぜ僕らは欲しいアイテムが購入できないのだろうか。

簡単に言えば、需要と供給のバランスが合っていないから
考えられる原因は、「欲しい人が多い」「販売数が少ない」「狙ってるのが人気サイズで競合が多い」等…

それだけ言ってしまっては面白くないので、NIKEのマーケティング視点で考えてみよう。

現在のスニーカーが簡単に買えない状況を”品薄商法”などと呼んだりする。
希少性を高めることで人々の購入欲を刺激しようとするもの。
これはNIKEのみならずAppleや任天堂も行う手法で、善し悪しの判断はよく議論されるが、企業としてはもう議論される時点で勝ちなのである。

さらに、近年急速に広まったSNSの存在も大きい。
NIKEのレアスニーカーは、僕らスニーカーヘッズ以外にもスニーカーにあまり興味の無い層まで「人気があり買いにくい」というのは周知の事実。

そこで素晴らしいプロダクト(あえて抽象的な表現をすると)イケてるスニーカーを発表すれば、ヘッズ以外にも一般人も購入にチャレンジする。
そこで、運よく購入できた人は、購入の喜びと承認欲求を満たすためSNSでシェアするだろう。

これが実はポイントで、SNKRSアプリを開発したNIKEのグローバルジェネラルマネージャーRon Faris氏(ロン・ファリス)は、ITmedia誌のインタビューに以下の様に答えている。

FacebookやTwitterが普及した第1段階(Community 1.0)では、フォロワーの多い人がインフルエンサーであった。しかし、たとえ1万人のフォロワーがいても、それはリアルなつながりではない。そこで第2段階(Community 2.0)では、友達同士の緊密な関係の中で、SnapChatのようなツールを介したコミュニケーションが重視されるようになった。そして、ファリス氏が「トライバル/カルトモデル」と呼ぶ第3段階(Community 3.0)が現在だ。
ここではインフルエンサーがハードコアなユーザーに語り掛け、ハードコアなユーザーがカジュアルなユーザーに語り掛ける形で情報が伝わる。インフルエンサーは店舗のマネキン(店員)のような存在であり、SNKRS アプリにもそういう機能を持たせたかったという。

引用元ITmedia

僕はこの考え方がポイントだと考えており、情報が回りきった今、購入できた人は率先的にSNSにシェアする。
上記の表現でいうと、購入できた人=ハードコアなユーザー
購入できなかった人=カジュアルなユーザー
に分類できる。

上記に当てはめると、購入できた人=ハードコアなユーザーは、擬似的にインフルエンサー気分になれ、承認欲求が満たされた状態。
購入できなかった人は、欲求不満な状態になり「次こそは絶対に購入するぞ!」と息を巻く。

このサイクルに必要になるのが、NIKE側が素晴らしいプロダクトを世に送り続けることと、全員をハードコアなユーザーに回さないこと。
トゲのある言い方をすると、ユーザーに優劣をつけること。
購入できた人とできない人で区別することにより、次のアイテムへの購入欲求を奮い立たせるのだ。

SNKRSに必勝法は存在しない

この様な販売手法を取っているNIKEのSNKRSにおいて、まず念頭に置いて欲しいのが、SNKRSに必勝法は存在しない
理由は、SNKRSはSupremeと異なり、先着順ではなく先着抽選を選択しているから。

SNKRSは先着順じゃない先着抽選販売

ここで「え?SNKRSって先着なんじゃないの?」
という反応は正常な反応だろう。

実際にNIKEは現在も先着販売を行なっている。
しかし、SNKRSは別だ。
以前は、抽選販売のことを公表していなかったが、現在は”NIKE+ SNKRS 抽選販売に関する規約”として下記のように公表している。

対象のシューズのサイズごとに、全参加者の中からランダムな抽選により当選者を決定します。当選の確率は、応募数及びシューズのサイズによって異なります。当選者も落選者も、抽選の締切から約24時間以内に、電子メールで当落に関する通知を受けます。

引用元NIKE

抽選販売なんて買えるわけないじゃん…
と落ち込むのはまだ早い。
Supreme同様botが蔓延するSNKRSにおいて、抽選販売なのは僕らにとってメリットでしかない。
スピード勝負でbotになんて勝てるわけないから。

ではどうしたらこの購入確率をあげることができるのだろうか?

SNKRSでアイテムを購入する前の事前設定

SNKRSで購入する前に、僕らにできるのは簡単な準備だけ。
基本的なことだが、スタートラインに立つために抜け漏れなく設定しよう。

アカウント作成

欲しいアイテムが販売される前にSNKRSのアカウントは作成しておこう。
販売開始時間になってから、アカウントを作成しているようでは絶対に買えない。
5分もあれば完了できるので、必ずおこなおう。

SNKRSアプリをダウンロード

SNKRSアプリのダウンロードもマスト。
最近は、SNKRSアプリ限定でリリースされるアイテムもある。
PCで購入するより決済までのスピードも速く、簡単。

また、自分の欲しいアイテムがほぼ確実に購入できると噂の先行販売もSNKRSアプリあってこそ。
まだの人はダウンロードしよう。

Nike SNKRS

Nike SNKRS
開発元:Nike, Inc
無料
posted withアプリーチ

シューズサイズの設定

SNKRSアプリでは、事前にマイサイズサイズを設定することで、購入時のシューズサイズをスキップ可能。
欲しいアイテムによって若干の差はあれ、マイサイズは登録して置いて損はないだろう。

設定方法は、プロフィールの右上の歯車から、シューズサイズで選択可能。

配送先住所の設定

これは、Web版でも設定可能。
しかし、Web版とアプリ版では入力項目に差異があるので、必ずアプリ版で再設定が必要。

設定方法は、プロフィールの右上の歯車から、配送先を確認。

PCで設定が完了していても”フリガナ”が未入力になっている。
未入力の部分があると、アイテム購入時にエラーになり決済に進めないので必ず再設定しよう。

支払先情報設定

クレジットカード番号を決済時に入力していたらそれこそロス。
事前に入力できるものはしておこう。

実際の支払い時には、セキュリティコードの入力が求められる。
これは、通常のクレジットカード決済時のパスワードではなく、カード裏面の3桁or4桁なので注意!

TOUCH IDの有効化

iPhoneユーザー限定の情報だが、TOUCH IDは必ず有効化しておこう。

これを設定していない場合、購入時にNIKE+のパスワードを求められる。
入力回避によるスピードアップだけでなく、セキュリティ面でも設定しておくのがおすすめだ。

NIKE側に購入の意思を表す

「NIKEのSNKRSに条件つき先行販売があるの!?ポイントはLINEだった!」でも、記載したが”ユーザー側から、NIKEに”僕はNIKEのファンですよ〜”と呼びかける行為も効果的だと考える”これに尽きると考えている。

欲しいアイテムをお気に入りに登録する

アイテムの発売が正式に決定すると、アプリ・Web共に事前告知が行われる。
その際に必ずお気に入り登録を行おう。
お気に入りに登録すると、プロフィールタブからアイテムを管理できる。

通知を設定

SNKRSアプリには、欲しいアイテムの販売開始前に通知をしてくれるサービスがある。
期間は、1週間前、1日前、15分前の3パターン。
本当に欲しいスニーカーなら販売時間を忘れることはないと思うが一応設定しておこう。

LINE連携

先行販売を受けるポイントのひとつでもある”LINE連携”
連携していると思っても、できてなかったという人がたまにいるので、しっかり確認しよう。
連携の大事さは、「NIKEのSNKRSに条件つき先行販売があるの!?ポイントはLINEだった!」をチェック!

お役立ちカテゴリの最新記事