Supremeをフリマアプリ(メルカリ、ラクマ)で購入!注意点や偽物を見極めるポイントも解説!

Supremeをフリマアプリ(メルカリ、ラクマ)で購入!注意点や偽物を見極めるポイントも解説!

1分以内に完売するSupreme
欲しいアイテムをタッチの差で逃すことも多いだろう。
“StockX”や”Strictlypreme”で購入しようとしても、英語や関税がわからなく足踏みする気持ちもわかる。


そこで、最近一気に身近になってきたフリマアプリ(メルカリ、フリル、旧ラクマ)で、Supremeのアイテムを安く、本物を安心して購入する方法を教えよう。

メインのフリマアプリはメルカリとラクマ

僕のメインで使用しているフリマアプリはメルカリとラクマ。
両方とも大手が運営しているので安心して使っている。

メルカリ

メルカリは、フリマアプリのパイオニアだけあってユーザー数が多い。
出品してもすぐ売り切れてしまうし、購入しようとしても迷っている間に売り切れてしまう印象だ。
独自の値下げ文化もあり、相手とコミュニケーションをとりながら取引できるのも面白い。
ただ、手数料が10%かかるのが難点。

Supremeのように、価格が高額になるアイテムは、10%とはいえ以外にダメージがでかい。
販売するときは特に手数料10%かかるというのを忘れずに対応しよう。

フリマアプリ-メルカリ フリマでかんたんショッピング

フリマアプリ-メルカリ フリマでかんたんショッピング
開発元:Mercari, Inc.
無料
posted withアプリーチ

ラクマ

もともと楽天のサービスだったラクマとフリルが合体して生まれたラクマ。

最近は、もっぱらラクマを中心に利用している。
ユーザー認知に力を入れているからか、メルカリに引けを取らないユーザー数を抱えているのではないだろうか。
商品数に関しても、メルカリと比較しても引けを取らず、多様なアイテムから選べる。

また価格面では、メルカリよりやすい場合が多い。
理由は、手数料が商品価格の3.5%(6/4までは0%)とメルカリの10%に比べて大分抑えられている。
セラーとしてもバイヤーとしても、金額に融通が利きやすい印象だ。

ラクマ(旧フリル)

ラクマ(旧フリル)
開発元:Fablic, Inc.
無料
posted withアプリーチ

フリマアプリは、ユーザー間で気軽に取引できる手軽さがウケ現在もユーザー数は右肩上がり。
ただ、ユーザー間だからこそ配慮が足りない行為が目立ち、トラブルになる確率が高いという話もちらほら聞く。
フリマアプリを利用する際は、相手のことを考え丁寧な対応を心がけたい。

安く手に入れるために

フリマアプリでSupremeのアイテムを安く購入するに必要なことは1つ。
アイテムリリース直後の11時過ぎにアクセスすること。

リリースされた直後で、一気に出品数が増える
相場観が安定していない。
欲しくないのに買ったユーザーが、安くても売りきりたい考え価格を下げる。
偽物が出回る可能性が極めて低い。

全ての条件が揃うのが、このタイミング。

僕も、Supremeで購入できなかった場合は、11時過ぎ直後に購入している。

偽物を見極めるポイント

残念ながら偽物が多いSupremeのアイテム。
偽物を購入しないように、注意するポイントを紹介する。

出品者の評価

出品者の評価は大事。
新規アカウントはよっぽどのことがない限り避けたほうがいい。
ブランド物を格安で出品していないか、同一アイテムを大量に出品していないか、コミュニケーションで怪しい部分はないかは確認しよう。

納品書やレシート、半タグが添付されるか

Supremeのアイテムを購入した場合、納品書やレシート、半タグが必ず付いてくる。
納品書やレシートは、できれば原本、せめてコピーはつけてもらおう。
複製も簡単ではあるが、ないよりはマシと考える。

日本のSupremeは、タグの一部をちぎった半タグがついている。
新品には必ず付いてくるものなので、必ずあるか確認しよう。

豆知識カテゴリの最新記事